履歴を見極めて適切な施術を

こんにちは!Genuineの梶田です(^^)/

前回のブログでもお伝えした通り

ブリーチ施術は「履歴」が相当影響してくるよ。って話で

 

今回のこれも5層に分かれています。

 

ぱっと見、2層?3層?って感じ。

ですが、ダメージレベルやその他の要素も考えて5層と判断。

パワーを変えたブリーチを適所に塗り分け。

時間差を考えて最終的に毛先まで。

「グリッターブリーチ」で切れ毛を出しません。

そのままオンカラーどーんで仕上げれば…。


均一な「ホワイティベージュ」

ハイトーンになればなるほど「ベース創り」が命になってきます。

「見極め」「適材適所」「段取り」

ブリーチワークではこの辺が大事かなと思います(^^)/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す