ブリーチした際の色落ちってどーなんの?


こんにちは!genuineの梶田です(^^)/

ブリーチしてみたい!という方にとっての
「不安要素」ってなにかなーと考えた時。


似合うかなぁ・・・
髪の毛の負担大丈夫かなぁ・・・

「色落ちたらどーなるん!?」

コレ割と気になるポイントかなと。


SNSに転がるのは綺麗に染め上がったモノばかり。


その後が知りたいねん!!



基本的にブリーチした髪の色が落ちた状態は

「ブリーチでどの明るさ(レベル)まで抜いたか」

が、1番大きく影響してきます。

みていきましょー↓

16レベル以下(ブリーチ1回)


オレンジ味を感じるレベル
ブルべの方や透け感を求める方はこの退色がニガテだと思います。
黒染めや複雑な履歴のある方はムラっぽく落ちてくる場合も↓


仕上がりは濃いめor暖色系でいい!という方は
ここらへんのレベルでも十分かな、という感じ。
が!やはりイマイチ!(笑)

17~18レベル(ブリーチ1回~2回)


ベージュ味を感じるレベル
割と退色しても「きれいだね」と言われるレベル。
ブロンドっぽい雰囲気を保てます。
染めた色によっては残留していい感じに残ってくる↓


僕は最低でもここらへんまで抜いてあげることをおススメしています。
絶対に退色が綺麗。肌馴染みもいい。
カラーシャンプー等もこのレベルから効果が出始めます。


19レベル(ブリーチ2~3回)


ほぼホワイトに近い状態。
色が抜け切っても外人さんのブロンド状態。
ムラサキシャンプー常用でホワイトをキープ。
綺麗だけど人を選びます。

ムラなく均一に抜く事も大切ですが
しっかりと髪の内部にある色素を削ってあげる事が
「落ちても綺麗」になります。

ブリーチ挑戦してみたい方の参考になれば幸いです(^^)/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す