最小限のカラーで最大限のデザインを

こんにちは!Genuineの梶田です(^^)/

カラーデザインを創っていく為に、毎回100%で
1から10までつくっていくより

「残す部分」「削る部分」を明確にして

「必要な施術のみ」

にしてあげることで最小手数、最小負担かつ履歴がむちゃくちゃにならずに完成に持っていく事が可能です。

まずはbefore↓


目指すデザインに対して「残す部分」と「削る部分」を
見極めます。

そして必要な部分にのみ必要な薬を乗せます↓


根元から毛先まで薬で埋めるのみが正しいワケではありません。
シャンプーして仕上げれば・・・↓


グッと奥行き感のあるカラーデザインの完成です。

人それぞれ目指すデザインや現在の状態によって
施術内容や「残す部分」「削る部分」が違います。

しっかり見極めて、最小手数、最小負担でデザインしてあげられると
永く楽しむことが出来ますよ(^^)
得意な美容師さんにお願いしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す