ハイトーンは段階を踏んで仕上げていく。

こんにちは!Genuineの梶田です(^^)/

今回はこのカラーになるまでの軌跡を全部公開。

ハイトーンを綺麗に仕上げるために大切な事として
「一気にやらない」
ということを心がけています。

理由は様々
・複雑な履歴は一発で修正不可
・同日に数回のブリーチは負担
・時間がかかり過ぎる

などなど…

まぁ見た方がわかりやすいので早速before
数カ月前にかなり暗いカラーをしたそう。

まずは「グリッターブリーチ」を一回。
履歴をあぶりだします。


暗いカラーが入っていた毛先がやや抜けが甘いですね。
今回はブリーチはここまで。
ムラを修正できるカラーを乗せていきます。


ベージュ系は色ムラが気になりにくい色なので
修正にはもってこいの色味です。
人を選ばないのでほとんどの人に似合わせることが出来ます。

そして2週間後・・・

今回は「グリッターブリーチ」でベースのムラを完全修正していきます。


18レベルまで抜いていきます。
優しいブリーチを数回に分けて施術してあげると
ムラが均一になっていきます。

もちろん切れ毛はありません。

そしてオンカラー。


げ!!!めっちゃピンク!!!
プ〇キュアかよ!!!

大丈夫です。ご安心下さい。
シャンプーして乾かせば・・・


ほんのりピンク味を感じるうすーいベージュの完成です。
肉眼でみるとかなり白っぽい感じ。

髪の体力とキューティクルを残すので
艶と手触りも良い状態を保ててます。

過去の履歴が分からない場合
段階を踏んで計画的に仕上げていくのがクオリティの高い
ハイトーンを仕上げるコツです。


お客様の協力あっての仕上がりですので
ハイトーン目指している方はご参考に(^^)/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す