今更だけどカラーリングってなんで色が出るの?

こんにちは!Genuineの梶田です(^^)/

サロンにくるとカラーリングは絶対やる!
という方も多いですよね。
いろんな理由があると思います。

気分を変えたい
プリン、色落ちが気になる
白髪が気になる
デザインをしたい

そもそもカラーってなんで染まるの!?
いつもペタペタ塗られてるアレの正体はなんぞ!?

なるだけ簡単に解説。
なんでもいいから綺麗になりゃええわ!って方はスッ飛ばしてもらって構いません(笑)長くなります。
知らなくても綺麗にします。

皆さんがペタペタ塗られているモノの正体は

1剤(染料+アルカリ剤)と
2剤(過酸化水素水)

を混合した液です。
いつも頑張ってまぜまぜしてるのはソレです。

これが髪にどのような影響を及ぼすのか。

まずは染める前の状態。根元の黒く新しく生えてきたところ。

髪表面のキューティクルが閉じていて
髪の「黒色」を作っている「メラニン色素」が沢山つまっている状態。

そこに先ほどの混合液を付けると・・・

1剤の「アルカリ剤」の効果でキューティクルが開きます。
そしてその隙間から「染料」いわゆる求める色味が入ってきます。

しかしこのままでは髪の元々の色の「黒」「染料」より濃いため
色味を感じることができません。黒いままです。
そこで次の作用

1剤の「アルカリ剤」と2剤の「過酸化水素」が反応し
「酸素」を発生させます。
これが「メラニン色素」をぶっ壊します。
同時に「染料」は酸素に反応して発色するので色味がグッと出てきます。
そうすることで髪が明るくなり同時に色味を感じることが出来てきます。
メラニン色素を壊す量によって明るさが決まります。
沢山壊すと明るく、少しなら暗め、という感じ。

時間を置くと「染料」の分子がくっつきあって大きくなります。
そうなることでキューティクルの隙間から「染料」が出てこれなくなり
色味を定着させることができます。

これがカラーリング施術で起こっている反応です。
もっと詳しく言うとちょっと違うとこもあるんだけど大体こんな感じ。

まぁこんなこと知らなくてもお客様からしたら綺麗になりゃ
問題ないのでコレは美容師さんが知るべき内容なんですけどね(笑)

お医者さんが「この薬よくわからんけど飲むとイイ感じになるよ」
だと怖いですよね?(笑)

わりと施術中に「カラーってどうなってるの?」
と聞かれることが度々あるので記事にしてみた次第でございましたー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す