「育てるカラー」どう変化していくのか!?経過を紹介

こんにちは!Genuineの梶田です(^^)/

度々ご紹介している「シャドウルーツ」カラー

実はコレ、「育てるコトが出来るカラー」なんです。

育てるとはなんぞや、と

この場合においての育てるとは、地毛を伸ばしていくこと です。
そうすることでどう変化していくのか。
画像で見ると分かりやすいので早速↓

1回目のbefore
基本的にフルブリーチ状態から始めていきます。

 

 

 

バサッと切ってシャドウルーツでオンカラー
繊細なスジ感と立体感がキレイですね↓

ここから1か月半後
どんな感じで戻ってくるかというと・・・

根元の地毛が伸びて黒い部分の割合が増えている状態です。
育っています。
そこにさらにシャドウルーツでオンカラーしてあげると・・・↓

前回よりグッとコントラストが効いて立体感が浮き出てきます。

レングスにもよりますが半年~1年間はこの方法で
良いバランスを保ったまま立体感のあるデザインを楽しめます。

それ以上経ってくると根元~中間の暗い部分の割合が多くなりすぎてしまうので、ハイライト等でデザインを足したりします。

地毛を活かしたデザインなのでプリンも気になりません。

髪のふとした動き、なびきで表情を変える
「シャドウルーツ」おススメです(^^)/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す