エグい履歴から劇的ビフォーアフター

こんにちは!Genuineの梶田です(^^)/

早速!今回の仕上がりどーん

お客様は多岐にわたりアーティスト活動をする ナカムラルビイ

ホワイトレベルのシャドウルーツ仕上げ。
繊細なスジ感とグラデーションが魅力です。

実はコレ。染める前はこんなだったんです…↓

赤けェ・・・
毛先溶けそう・・・

ブリーチ複数回+セルフのカラートリートメント

濃い赤のカラートリートメントってなかなか抜けないんです。
通常のカラーとは染まり方が違うため、理論上ブリーチでは抜けません。

が!まずはこの赤を何とかしないと話にならんので
いろいろ駆使してまずはここまで↓

まぁそうなるよね・・・
毛先は何とか赤味除去。

オンカラーで根元の赤を打ち消せば・・・

透明感のあるカラーが完成(^^)/
赤味は一切感じませんね。

髪にはカラーにしろパーマにしろカットにしろ
「履歴」というものが必ず残ります。

その影響によって出来るモノ、出来ないモノがでできてしまいます。

今回の場合、やれなくもないけれど髪に余計な負担をかけてしまう
という状態でした。

薬剤を使う場合は、先を見据えた計画的な施術が大切になってきます。

担当の美容師さんとよく相談してカワイくしましょう(^^)/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す