ブリーチ施術。次回はどうするの?

こんにちは!Genuineの梶田です(^^)/

ブリーチを使ったハイトーンカラーをイイ感じに仕上げた1か月半後…

根元まっくろけ… 毛先ギラギラ…

 

これ次どうすればいいの!?
またブリーチしなきゃなの!?
別のデザインはできないの!?

解決策2パターン紹介します。

① ブリーチリタッチする 
ハイトーンを続けるのであれば王道パターンです。
根元の黒い部分のみをブリーチして毛先の明るさに合わせる方法です。
求める色によっては毛先の残留を削るために毛先もブリーチする場合もあります。

②シャドウルーツする
ブリーチは使用せず、生えてきた地毛を活かしてオンカラーのみで
立体感のあるデザインを創ります。

今回はシャドウルーツで着地。
塗り分けによるオンカラーのみでデザインを描きます。
ブリーチによるダメージや時間的負担も抑えられます。

地毛の暗さを活かし、グラデーションで毛先の明るさに繋がるように塗布することで今後のプリンも気になりにくくなります。
暗くなる場所を計算し、奥行きのある立体感も創ります。

ブリーリ施術から次回のデザイン迷走中の方は是非参考に(^^)/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す