バレイヤージュは全頭ブリーチ or黒髪から創る

こんにちは!Genuineの梶田です(^^)/

度々紹介している「バレイヤージュ」スタイル。

 

退色しても綺麗を保つために僕は
「全頭ブリーチ」もしくは「完全バージン毛」からの施術をおススメしています。

「全頭ブリーチ」から創ったバレイヤージュであれば髪の色素を抜いてある状態なので
退色しても透明感が統一された状態でいることができます。
コントラストが淡くなってくるイメージですね↓

「バージン毛」から創ったバレイヤージュであれば
影をつくった部分が明るくなることはないので
デザインとコントラストを完全に保ったまま過ごすことができます↓

じゃあそれ以外はどうなるの?

例えば通常カラーされている場合。
バレイヤージュのデザイン上、影となる部分を暗くする必要があるので色素の濃い薬を使うのですが
通常カラーのベースだとその部分が退色したときにオレンジっぽくなる場合が殆どです。

そうなると、透明感の統一性もなくコントラストもちぐはぐになり
僕が目指す「退色しても綺麗」なデザインにはなりません。

黒染めのような薬で、退色させないという方法もあるのですが
デザインを変えたいとなった時にかなり厄介・・・。

しばらく放っておいても大丈夫なデザインが
バレイヤージュスタイルのウリ
でもあるのでそれではアカンよね

ってことで「全頭ブリーチ」or「バージン毛」からの施術を
おススメします(^^)/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す