そろそろ需要。縮毛矯正のちょっとマニアックなお話

こんにちは!Genuineの梶田です(^^)/

そろそろ需要が出てきそうな「縮毛矯正」

梅雨時期クセ毛さんの救世主ですね。

しかしながらよく聞くお声として
「チリチリになった…」「手触りが悪い…」「シャキーーーーンってなった…」

これ全部原因は一つです。
「軟化の し過ぎ」です。

「軟化」とは。薬剤の作用の1つで
薬の作用自体を促進させるために、髪を柔らかく(膨潤)してあげることです。

もうひとつ大事な作用として「還元」があります。
この還元こそがクセを伸ばしてあげる作用となります。

生えたての元気な髪は「軟化」してあげないとなかなか薬が作用してくれません。
しかし、細い髪やカラーリングの負担が既にある髪に対して
過剰に軟化させてしまうと上記のような髪質悪化につながるわけです。

しかしながら、しっかり軟化をしないとクセが伸びないよ。
なんて風潮が美容師さんの中にはありました。割と最近まで。

近年はそのスタンダードが変化しつつ
いかに「軟化」をおさえつつ「還元」でクセを伸ばしてあげるか。 
それができると自然かつ手触りのいいストレートヘアができます。

髪質を見極めて、ベストな薬剤選定をしてあげる。
でもそれはお客様からはどうしようもないこと(笑)
我々美容師側で見極めるポイントです。

デザインカラーをしている方にも、しっかり薬を塗り分けてあげれば
この通り( *´艸`)

艶良く自然なストレートヘア
ブリーチ部分にももちろんチリつきはありません。

これからの時期、縮毛矯正をしようとお考えの方は
一度髪をみさせてください(^^)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す