いわゆるホワイト領域

こんにちは!genuneの梶田です(^^)/

ハイトーンカラーの至上!といえばホワイト系ですね。

ハイトーン好きの方々は1度は憧れたことがあるのではないでしょうか。

一見、「映え」ますが1歩施術やケアを間違えればそのクオリティは一気に落ちてしまいます。

まさに諸刃…

ハイトーンカラーで僕がいっっちばん大切にしているのは「艶」です。

過度なダメージで切れ毛や色ムラができてしまえばせっかくのハイトーンも綺麗には見えません。

じっくりと優しい薬で時間をかけてホワイト領域までもっていきます。
お客様のお家でのケア方法も徹底してもらいます。

それくらいデリケート( ゚Д゚)。。。

過去にくらーーーい色でカラーしていたり、白髪染めをしていると低パワーブリーチでは取り切れない「残留色素」が残っている場合もあるので過去のカラーリングも踏まえて計画的に仕上げていきます。

実はカラーやパーマなどの薬剤処理を何もしていない
「バージン毛」が一番キレイに明るくなります。

高校卒業したばかりで何も薬剤処理を施していない髪が
素材としては最高です(笑)

ですが、その素材ですらも正しい知識と施術クオリティが高くなければ「キレイなホワイト領域」にはたどりつけません。

卒業して初めてカラーを楽しみたい方は是非お任せください(^^)

既にカラーされている方も髪の状態を診させていただいてから
計画的に「ホワイト領域」を楽しみましょう(^^)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す