ワックスの付け方

こんにちは。

ビサージアスナルの鈴木です。

今回は前回の続きで、皆さんがよく使うスタイリング剤の、ワックスの使い方ついて書いていきます。

ワックスと一口に言っても、色んなタイプのものが出ていて、様々な使い方が出来ます。

世の中のワックスすべてをご紹介すると、とても長くなってしまい、読むことに途中で飽きてくるかと思いますので、アスナル店で取り扱ってるワックスを例に書いていきます

ちなみに、今アスナル店で使っているワックスの種類は、全部で8種類です。

 

ブランド:AVEDA 

 

ライトエレメンツ シェイプワックス・・・ガッチリ固まるホールド力の強いワックスですが、フワッと軽さも出るので、髪の毛が柔らかい人や、空気感をだしたい人、ショートスタイルの方におススメ。

※注意点・・・早く固まってくれるので、他のスタイリングと混ぜると使いやすいです。

 

ライトエレメンツ ディファイニング ホイップ・・・ホールド力が適度にあり、使いやすいワックス。
全ての方におススメ

 

ライトエレメンツ テクスチュア クリーム ワックス・・・艶を出して、毛先に束感を少し出してくれる
柔らかいナチュラルな雰囲気を出したい時や、女性やショート~ミディアムの方おススメ

 

アヴェダメン ピュアフォーマンス グルーミング クリーム・・・柔らかくて、ホールド力も適度にあります
濡れてるときにつけて、乾かすと簡単に自分の理想髪型にセットするのが簡単!
ベース材ワックスとしておススメ

 

アヴェダメン ピュアフォーマンス グルーミング マットワックス・・・ホールド力が高いのと、マットな質感を出せます。
カジュアル感を出したい時におススメ

 

 

ブランド:ナプラ (持ち運びに便利なサイズ感)

 

ケアテクトHB ホールドメイク・・・ライトエレメンツ シェイプワックスよりは柔らかいですが、ガッチリと固めてくれるワックスです。

 

ケアテクトHB ニュアンスメイク・・・適度な柔らかさがあり、しっかり束感も出してくれるワックス。

女性にも、男性にも使えます。

 

ケアテクトHB グロスメイク・・・主に毛先に束感を軽く作り、艶を出してくれるワックス。女性におススメです。

 

今回、アスナル店の先輩、安藤さんの髪をスタイリングします!!

 

まずは↓

 

手のひらに適量とり、

 

 

ワックスの色がなくなるくらいまで伸ばして、手のひらに全体になじませていきます。

 

 

そして、一か所につきすぎないように髪の毛先にまんべんなくつけていきます。

 

※注意して欲しいことは、つけ過ぎてしまうことです
つけすぎてベタベタになってしまうと、どうしても形が決まらなくなってしまったり、不潔感が出てしまい、もうどうにでもなれと、投げやりな気持ちになってしまいますし、もしかしたら外に出かけたくなくなってしまう可能性もあります。

ですので、「足りなかったら少しづつ足せばいいや!」という気持ちでワックスをつけていって下さい。
慣れてくると、一回で適量をとることができます。

 

付け方はどんな方法でもいいですが、僕はいつも頭の後ろ、横、てっぺん、前髪の順番で、髪の毛を振るようにしてつけています。

 

 

全体に付けたら、後は形を整えるだけ!!

かっこよく束感がでました!

男前度が2倍、3倍になりましたね!!

 

そんな安藤さんの髪質は乾燥が少し気になる髪質ですが、ちゃんと髪質にあったスタイリング剤を選んであげると、パサつきが抑えられて、とてもいい感じに!

こんな感じでワックスを選んであげるとグッとくるものに出会う可能性が高くなるかも↓

 

◇乾燥しがちな髪・・・何もしなかったら、パサッしますので、どちらかといえば、ツヤのでるワックスをオススメします。
マットな質感が欲しいのであれば、マットワックスを使用したほうがいいのですが、マットワックスだけだとワックスの伸びも悪く、下手をしたら、ただのバサバサな髪に、、、

なので、マットワックスに少しツヤ感のでるワックスや、少量のオイルなどを混ぜてあげると程よい雰囲気を楽しめます。

おススメワックス↓

 

 

 

◇何もしなくてもツヤのでる髪・・・髪の毛がツヤツヤの髪の人は、どちらかといえばマットなワックスホールド力のあるワックスを選んであげてください!
ツヤのでるワックスだけだと、欲しいボリューム感がでなくて、つけすぎたりすることも、、、余計ペタッとしてしまします。

おススメワックス↓

 

 

いかがでしたでしょうか?

少しでも、皆様がスタイリングをする際の参考になれば幸いです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

VISAGE ASUNAL 鈴木

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す