平成最後の投稿です。

セントラル店長のコイケです。

平成31年に1度もブログを書いて無いことに気付き平成もあと2週間。おそらくコレが平成最後の投稿です。

平成17年から書き始めて細く長く早14年。

お馴染みのYouTubeが始まったのもの14年前w

当時はiPhoneも無いしタブレットも無い。クソ高いLowスペックのPCと激遅の回線で一生懸命ブログを書いてたことを思い出します。

美容業界もかなり変わりました。

カリスマ美容師ブームが終わった当時、あまり聞かなかった「面貸し」という形態のサロンが増え、今では美容師の働き方も大きく変わりました。

今日はこの4月からの働き方改革法で対応に追われる中、新しく美容師になられた皆さんへ向けてのブログです。

お客様からすると関係ない話になっちゃいますが、この働き方、美容師や経営者、業界、法律からすると色々問題あるじゃん!って個人的には思ってますが、法律自体”昭和”に作られたものだし、面貸し自体、日本での歴史も浅いし今後どんな結果になるか誰も分かりません。

ちなみにビサージはアシスタントとスタイリストなど役割が有り、色んなスタッフが協力しながら1人のお客様にサービスする従来型のサロン。

1人のスタイリストが予約、受付からシャンプー、カット、カラーやパーマなど全ての施術、会計まで全て担当し、そんな美容師が何人も所属しているのが面貸しサロンです。

どっちも善し悪しありますが、お客様も美容師も自分のスタイルに合うサロンを選ぶことが1番です。

なぜ僕が20年以上もビサージのような従来型のサロンを選んでいるのかというと、単純に今のご指名下さるお客様を全員担当しようと思うと1人では絶対無理だからです。

面貸しサロンの場合、

1人のお客様に1h、休憩無しで1日8人。

カットだけでなくカラーやパーマ、ヘアケアなどもして頂くと2h、休憩無しで1日4人。

1ヶ月休まず働いても月間120~240人。

僕の場合これからの繁忙期や年末になるとご指名下さるお客様は多いと月間約300人以上になります。そこそこ休憩や休日も欲しいのでやっぱりアシスタントのみんなに協力してもらわないと無理です。

もし僕が面貸しサロンで働くとなると半分以上のお客様を担当できなくなります。休まず働いてお客様も失い、友達とも遊べず、家族とも過ごせないのは辛すぎる。

なのでやっぱり僕の場合は従来型のサロンじゃないと無理で「面貸し」へ行かなかったのです。

新しく美容師になられた皆さん!

あと2週間で新しい時代が始まります。

令和は美容業界にとってどんな時代になるか分かりませんが、時代が変わっても働き方が変わっても「腕を磨く」ことは永遠です。

一緒にがんばりましょう✂✂✂

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す